医療脱毛の“全身プラン”を計画中。施術後の注意事項は?

by ,

医療脱毛で全身脱毛を行なった人もそうでない人も、施術後しばらくの間は、海に行ったりサウナに入ったりするのは厳禁です。

医師の忠告を無視して起こった肌トラブルは自己責任になります。

☆脱毛施術から1か月以内の日焼け行為は厳禁。

医療脱毛で全身の脱毛を行なった人には、いくつかの注意があります。

医者の注意を聞かずに、脱毛後すぐに海に行ったり、夏山に行ったり、日焼けを楽しむといった行為は禁止されています。

1か月以内に肌が日焼けしてしまうと水ぶくれのような炎症を起こしたり、赤い湿疹、色素沈着、脱色などの症状があらわれたりする危険性があるからです。

全身脱毛した年の日焼け行為は避けるべきです。

☆施術当日の入浴やサウナは絶対にやめるべき。

全身脱毛でも部分脱毛でも、脱毛を行なった後の身体は、皮膚が一種の炎症状態にあります。

医師からは当日の入浴やサウナは避けるように言われているはずです。

脱毛した後は毛穴が開いている状態であり、雑菌も入りやすいです。

サウナ、海、風呂などは雑菌のたまり場なので極力避けるようにしましょう。

☆医療レーザーによる全身プランで医師のアドバイスや注意・勧告を無視した場合、トラブルが起きても自己責任になります。

施術前の契約書に署名捺印が必要ですが、その中の注意事項には、「医師の注意や勧告を無視して肌トラブルを起こした場合、医師はその責任を負わない」といった主旨の特記事項がいくつかあります。

応急措置を含む診療・加療代は実費請求されます。